2016年12月


 1-14051G23324
自分に身近なものと感じられるようになるにちがいない。恐怖という感情そのものが実体に対するものではなく、究極的には当人の想像力の働きに由来するものである以上、イメージを描く能力を豊富に持ちあわしている人ほどラヴクラフトの愛読者となる可能性が強いといって大きな誤りはあるまい。
 わたし個人の印象としては、読んだあとまで、何となく心に残ったイメージの一つに、広い食堂の白い大きなテーブル・クロースを前にして、たった独《ひと》りで食事をする訪問客の姿がある。「闇に囁くもの」のなかで、客として遠路はるばる訪れたウィルマートが、エイクリーの邸宅の食堂に腰をおろしたときの姿がそれである。これは、遠来の客に対する正当なもてなしかたではない。ふつうの常識から見てまことに異常な客のもてなしかたである。が、ラヴクラフトは変人のエイクリーのもてなしかたとしてさらりと書いてあり、これをかならずしも異常と思わぬほどの孤独な影が彼の身についているように思えてならない。「幼いころ父に死なれ、病身の母と孤独な少年時代をおくった」(「怪奇小説傑作集3」の三九五頁の平井氏の言)という彼には、初めから、大ぜいでにぎやかに談笑しながら食卓を囲むという楽しさの経験が欠けていたのではなかろうか。遠来の客でさえ、たった独《ひと》りでぽつんと食卓の前に腰をおろさせる――この寒々しい食卓風景のうちに、ラヴクラフトの寂漠たる日常生活を読んではいけないであろうか? かならずしも読みすぎとはいえないと思うのだが。
 家庭の団欒《だんらん》を少しでも知っているものには、人と人との温かい触れあい、和顔、談笑、心のかよいあうなにげないそぶり――こういう日常の人間らしい暮しの感覚は、食卓において最も端的に味わえるはずだから、複数の頭数《あたまかず》の揃《そろ》っている食卓の場面は、作中人物の性格や性癖を、それこそ日常茶飯事のうちに描くのにつごうのよい条件の整った舞台の一つであるはずだが、ラヴクラフトにはその意味での「食卓」がない。食卓はあっても、人間はたった独《ひと》りでぽつんと腰をおろし、白い大きなテーブル・クロースが目の前に拡がっている。いつも一人で話し相手もなく食事をする生活――これはあまりにもわびしすぎはしないか。そうだ、だから何かせずにはいられないのだ――何かを、それこそ、せめて相手に語りかけないまでも、何か語りかけるようなことばを文章で書いてみるというくらいのことをせずにはいられないのだ。ラヴクラフトは筆をとることにより、つまりは、その偏《かたよ》った空想にのめりこむことにより、一人には大きすぎるテーブル・クロースの圧倒的な空白感に連続するわびしさとてたのではなかろうか。
 
 終わりに、ラヴクラフトの創《つく》りだした架空の地名、人名、怪物名に対するわたしの日本語の表記法について申しあげると、例えば、
 'CTHULHU'は「クトゥルフ」、また
 'YOG-SOTHOTH'は「ヨグ・ソトホート」
 としたが、これは無方針に表記したのではなく、原語に表記された文字に基づいて発音されると考えられる許容範囲内で(その最も不自然かつ佶屈《きっくつ》たる発音を選んだがためである。そのわけは、なるべく不自然で佶屈たる音のほうが、アンキャニーな効果があると思われたからであり、むろんこれは主観の問題で防皺ある。だから、当然、別の意見もありうることは承知しているが、ともかく、わたしなりに一つの方針に基づいた表記法である点だけをひとことおことわりしておきたい。数種類のテクストのこまかい異同については、編集部の御指摘によって誤りを免れたところが数か所あった。記して感謝の意を表したい。
 

2437
られたが、これは九つの物言わぬ死体が、死という不気味な刈り手の手にかかり、やがて埋葬されるのを、地下の死体

安置所で待っていたからである。バーチは、死体をわざわざ運んで埋葬するのをこわがっていたが、四月のある朝、気の向かないその仕事に手をつけた寶寶過敏、が、豪雨で馬が癇《かん》を昂《たかぶ

》らせたらしいので、墓にはほんの一体を葬っただけで昼前にやめてしまった。その一体とはダリウス・ペックという九十歳を越えた老人の死体で、その墓が地下の死体安置所から遠くなかった

からである。翌《あく》る日は、これも埋葬用の墓がついそのそばにあるマシュー・フェナー老人の小柄な死体から手をつけてやろうとバーチは決めた。が、実際にはその仕事を三日間延ばし、

一五日の受苦日《グッド・フライデー》(復活祭前の金曜日)になって初めて腰をあげるというしまつだった。縁起をかついだことのないバーチは、受苦日などというものをてんで気にしてはい

なかった。もっとも、その後はいつも、週の六日目に当たる不吉な金曜日には、なにかだいじなことをやるのはまっぴらだといっていたが。まさに、あの晩の事件こそ、ジョージ・バーチがその

後すっかPretty Renew 銷售手法り変わってしまうそもそものきっかけとなったのだ。
 四月十五日の金曜日の午後、バーチは馬車で死体安置所へ出かけたが、それはマシュー・フェナーの死体をそこから墓へ移し変えるためであった。なるほど彼は完全にしらふだったわけではな

い、そのことはあとで彼も認めた、が、晩年においてこそ、あることを忘れようとして飲むようになったひどい深酒《ふかざけ》も、まだそのころは癖になってはいなかった。ただほろ酔い程度

には酔っていて、癇《かん》の強い馬をついうっかりしていらいらさせてしまい、死体安置所の前で荒っぽく馬車を止めると、その馬はいななきながら前足で地面を掻き、頭をぐいっともたげた

が、それはつい先日、雨で癇を昂らせたようにみえたあのときと同じ癖であった。その日は晴れていたが、強い風が吹いていた。だからバーチは鉄の扉の鍵をあけ、丘の脇腹を掘り抜いて作った

死体安置所のなかに入いってみると、そこでは強い風が避《よ》けられるのでやれやれと思った。ほかのものなら、このじめじめとしてぷんと匂いが鼻をつき、棺がぞんざいに八つも置かれてあ

る部屋をありがたがりはしなかったであろう、が、そのころのバーチはいたって鈍感で、しかるべき棺をしかるべき墓に埋めることにしか気が回らなかった。ハナー・ビクスビーの親類の連中か

ら浴びせられた非難の声を、バーチは忘れずに憶えていたからだ、というのはその連中は、引っ越し先の町の墓地へハナーの遺体を移そうとしてその墓を掘ったところ、下から出てきたのはハナ

ーの棺ではなく、コプウェル判事の棺だったからだ。
 うすぼんやりたが、バーチの目はよく見えたので、アサフ・ソーヤーの棺をまちがってフェナー老人の棺ととりちがえたりはしなかったが、その棺はじつによく似ていた

。たしかにそれは、初めはマシュー・フェナー老人のためにこしらえたものだった。が、結局は、あまりにもぶさいくなため、きずものの棺として使わずにおいたのだ。五年前に自分が破産した

とき、フェナー老人が自分に対してどんなに親切で気前よくふるまってくれたかということを想いだし、妙に感傷的な気分になったからである。できるだけの腕をふるって最高の棺をフェナー老

人に捧げたが、もったいないと思う気持が強かったので、いったんはきずものとして使わずにおいた例の代物《しろもの》を拾いあげて、アサフ・ソーヤーが悪性の熱病で死ぬと、そのきずもの

の棺を使ったのである。ソーヤーは人好《ひとず》きのする男ではなく、そのほとんど人間ばなれがするほどしつこい復讐心や、あることないことをとりまぜて自分の受けた不当な待遇をいつま

でも忘れずにいるその執念深さについては、いろいろと噂が流れていた。

2437
られたが、これは九つの物言わぬ死体が、死という不気味な刈り手の手にかかり、やがて埋葬されるのを、地下の死体

安置所で待っていたからである。バーチは、死体をわざわざ運んで埋葬するのをこわがっていたが、四月のある朝、気の向かないその仕事に手をつけた、が、豪雨で馬が癇《かん》を昂《たかぶ

》らせたらしいので、墓にはほんの一体を葬っただけで昼前にやめてしまった。その一体とはダリウス・ペックという九十歳を越えた老人の死体で、その墓が地下の死体安置所から遠くなかった

からである。翌《あく》る日は、これも埋葬用の墓がついそのそばにあるマシュー・フェナー老人の小柄な死体から手をつけてやろうとバーチは決めた。が、実際にはその仕事を三日間延ばし、

一五日の受苦日《グッド・フライデー》(復活祭前の金曜日)になって初めて腰をあげるというしまつだった。縁起をかついだことのないバーチは、受苦日などというものをてんで気にしてはい

なかった。もっとも、その後はいつも、週の六日目に当たる不吉な金曜日には、なにかだいじなことをやるのはまっぴらだといっていたが。まさに、あの晩の事件こそ、ジョージ・バーチがその

後すっかり変わってしまうそもそものきっかけとなったのだ。
 四月十五日の金曜日の午後、バーチは馬車で死体安置所へ出かけたが、それはマシュー・フェナーの死体をそこから墓へ移し変えるためであった。なるほど彼は完全にしらふだったわけではな

い、そのことはあとで彼も認めた、が、晩年においてこそ、あることを忘れようとして飲むようになったひどい深酒《ふかざけ》も、まだそのころは癖になってはいなかった。ただほろ酔い程度

には酔っていて、癇《かん》の強い馬をついうっかりしていらいらさせてしまい、死体安置所の前で荒っぽく馬車を止めると、その馬はいななきながら前足で地面を掻き、頭をぐいっともたげた

が、それはつい先日、雨で癇を昂らせたようにみえたあのときと同じ癖であった。その日は晴れていたが、強い風が吹いていた。だからバーチは鉄の扉の鍵をあけ、丘の脇腹を掘り抜いて作った

死体安置所のなかに入いってみると、そこでは強い風が避《よ》けられるのでやれやれと思った。ほかのものなら、このじめじめとしてぷんと匂いが鼻をつき、棺がぞんざいに八つも置かれてあ

る部屋をありがたがりはしなかったであろう、が、そのころのバーチはいたって鈍感で、しかるべき棺をしかるべき墓に埋めることにしか気が回らなかった。ハナー・ビクスビーの親類の連中か

ら浴びせられた非難の声を、バーチは忘れずに憶えていたからだ、というのはその連中は、引っ越し先の町の墓地へハナーの遺体を移そうとしてその墓を掘ったところ、下から出てきたのはハナ

ーの棺ではなく、コプウェル判事の棺だったからだ。
 うすぼんやりたが、バーチの目はよく見えたので、アサフ・ソーヤーの棺をまちがってフェナー老人の棺ととりちがえたりはしなかったが、その棺はじつによく似ていた

。たしかにそれは、初めはマシュー・フェナー老人のためにこしらえたものだった。が、結局は、あまりにもぶさいくなため、きずものの棺として使わずにおいたのだ。五年前に自分が破産した

とき、フェナー老人が自分に対してどんなに親切で気前よくふるまってくれたかということを想いだし、妙に感傷的な気分になったからである。できるだけの腕をふるって最高の棺をフェナー老

人に捧げたが、もったいないと思う気持が強かったので、いったんはきずものとして使わずにおいた例の代物《しろもの》を拾いあげて、アサフ・ソーヤーが悪性の熱病で死ぬと、そのきずもの

の棺を使ったのである。ソーヤーは人好《ひとず》きのする男ではなく、そのほとんど人間ばなれがするほどしつこい復讐心や、あることないことをとりまぜて自分の受けた不当な待遇をいつま

でも忘れずにいるその執念深さについては、いろいろと噂が流れていた。

7月13日訊(記者 馬琳 北京報道)海關總署今日公布了中美貿易最新數據。按人民幣計價,上半年中國對美國進出口1.93萬億元,同比增長5.2%,其中對美出口1.39萬億元,增長5.7%,自美進口5379.7億元,增長4%。美國繼續為中國第二大貿易夥伴,占外貿總值的13.7%。

為需要免補加按或重新按揭的顧客打造了很選擇——業主貸款計劃,業主貸款無需重新加按,資金極速到賬,解決您的燃眉之急,讓愛不等待。業主無需擔心貸款額度和自己實際能力之間的差距,讓自己心焦於還款或所貸資金過少。

按美元計價,上半年中國對美國進出口總值3018億美元,同比增長13.1%,增速較去年同期下降1.4個百分點。其中,對美出口2177.8億美元,增長13.6%,增速較去年同期增長1個百分點。自美進口840.2億美元,增長11.8%,增速較去年同期下降8個百分點。

海關總署新聞發言人黃頌平表示,7月6日,美國啟動了對華部分產品加征關稅的措施之後,中國也相應采取了反制措施。目前來看,這個貿易爭端肯定會對中美貿易帶來一定影響,並且會對全球貿易帶來極為不利影響。今後,對中美貿易的影響程度將密切關注 卓悅

黃頌平同時否認了部分外媒報道的“在中美貿易戰反制措施中會有一項是自美國進口的貨品在海關檢查時間比較長”的說法。他指出,中國海關依法依規對所有的進出境貨物進行監管,會對相關產品按照規定忠實地履行職責。外媒所謂的“故意延長”,中國海關不會去做 康泰泰國團

原文地址:http://field.10jqka.com.cn/20180713/c605664668.shtml

↑このページのトップヘ