2017年03月

3-160504143P1

 につつまれていた。注意深く調べてみれば、鉄格子の扉に錠はおりておらぬ。されど、余は登りつめた驚愕《きょうがく》の高みよNeo skin lab 美容り落下するのを恐れ、扉を開けはしなかった。やがて月が面

《おもて》をあらわした。
 なべての衝撃のうち、狂乱とどまるところを知らぬのは、まこと予想だにせず、笑止なまでに信じがたきことから生じる衝撃であろう。余が目にしたもの、その光景がはらむ奇怪《きっかい》

な驚異は、恐怖の面において、余がこれまで経験した何物をもってしてもたとえようがない。眺めそのものは呆《あき》れかえるほどに凡庸な、次のようなものにすぎなかった。鉄格子を通して

見る余のまえに広がっていたのは、嵯峨たる高みから見おろす目眩く樹海の景色などではなく、大理石の平石や円柱によって装われ、単調さを破られる、堅固な大地にほかならず、年旧りた一宇

の教会が他を圧してそびえ、その毀《こぼ》れた尖塔が月光を浴びて幽寂と輝いていたのであった。
 余はなかば無意識のうちに、鉄格子を開け、二方にのびる白い砂利道によろめきでた。余の心は呆然錯乱のありさまでありながら、なおも光を渇望する狂おしき思いは捨てられず、眼前に展開

する破天荒な驚異といえど、余の足をとどめることはできなかった。余はおのれの経験していることが、狂気、夢、幻術のいずれによるやは知りもせぬし、気にもかけずにいたが、ただ光輝とは

なやかさだけは、どうあろうとあまねく熟視してやろうと腹を決めた。余はおのれが誰なのか、何者なのか、いかな場所にいるのか、かようなことは露ほども知らなかった。しかしよろめく足を

運びつづけるにつれ、かかる前進が断じて偶然のものにあらぬと思わせる、何やら慄然とした潜在的な記憶のようなものを意識するようになった。拱門《きょうもん》をくぐり抜け、平石と円柱

のある領域の外に出日本旅行團ると、広びろとした土地を歩きまわった。踏みならされた道をたどることもあれば、好奇な心にさそわれるまま、そこかしこの廃墟がいまは忘れ去られた道が昔あったことを

告げるばかりの、草地を踏み歩くこともあった。一度などは、くだけ、苔むす石組が、橋の失われて久しいことを物語る、流れ急な川を泳いでわたりもした。
 目的地とおぼしき、木々の生い茂った苑にある、蔦のからむ神荒《かんさ》びた城に着いたのは、二時間あまりたってからのことであったにちがいない。その城は、余にとって、物狂わしきほ

ど馴染のあるものでありながら、戸惑うばかりに勝手のちがうものでもあった。見れば、濠は埋められ、見慣れた塔のいくつかが姿を消している一方、新しく翼壁が設けられており、見まもる余

をまごつかせた。しかしながら、余が格別の興味と歓喜を胸に眺めたのは、開け放たれた窓まどである――絢爛《けんらん》と灯火が輝き、このうえもない陽気な歓楽のざわめきを外にもらす窓

まどであった。窓の一つに近づき、なかを覗いてみれば、実に妙な装《なり》をした連中が、うかれ騒ぎ、楽しそうに話しあっているではないか。余はおよそ人間の言葉というものを耳にしたこ

とがないため、何を話しているかは漠然とあたりをつけることしかできなかった。幾人かは、途方もなく古い記憶を甦らせる顔つきをしているように思えたが、それ以外はまったく見知らぬ者ば

かりであった。
 余は低い窓から灯火|燦然《さんぜん》と輝く部屋に足を踏みいれた。しかれどもそのゆえに、ひたすら晴れやかな希望にみちた瞬間から、絶望と現実認識の暗澹《あんたん》たる渦中へとわ

が身を置いてしまったのである。悪夢。余が部屋に入るや、部屋のなかは想いもよらぬ阿鼻《あび》叫喚《きょうかん》の巷《ちまた》と化した。窓枠をまたぐかまたがぬかの

うちに、部屋にいた連中ことごとく、未曾有《みぞう》の強烈な恐怖に突如として襲われ、顔という顔をひきつらせ、口ぐちに実《げ》に恐ろしき悲鳴を発したのであった。誰もが傾《なだれ》

をうって逃げだし、絶叫と狼狽のうちに気を失って倒れる者もいたが、うちまろんだ者は狂ったように逃げる仲間がひきずっていった。多くの者は目を両手でふさぎ、盲滅法に走れば、数ある扉

の一つにようよう行きつくまで、家具をculturelle 香港倒したり、壁にぶつかってよろめく始末。
 悲鳴たるや、血も凍るほどに恐ろしいものであった。余は燦燗たる部屋にひとり呆然と立ちつくし、消えやらんとする悲鳴の残響に耳をかたむけているうち、ふと、間近に何者かが潜んでいる

やもしれぬという思いがして、総身が震えた。さりげなく見渡してみるに、部屋は無人と化しているように見えたが、壁の窪みに足を進めたとき、そこに人の気配を見たように思った。窪みには

黄金の迫持《せりもち》造りの戸口があり、どうやら同じ造りらしい別室に通じ

11111
がみ、マロリー皇帝は信じる気持ちを最大限にまで広げていた。ガリオンは目と耳をそばだてて、なかばささやくよ

うに話をした。まず最初に『アローNeo skin lab 呃人ンの書』をおおまかに説明したあと、『ムリンの書』から特徴的な要点をいくつか話した。次に知っている範囲で、魔術師ベルガラスの前半生を話し、それか

ら本題にはいった。〈意志〉と〈言葉〉の持つ可能性と限界を説明しながら、投影、転位、変身などの事柄についてふれた。一般の人々が魔術と呼ぶものを使用したさいに発生する謎めいた物音

の話もしたし、魔術を使ったあと魔術師がおぼえる激しい疲労や、唯一絶対にしてはならないこと――つまり破壊――のことも教えた。「それがクトゥーチクに起きたことなんだ」とガリオンは

話をしめくくった。「ぼくが〈珠〉を手にいれたらどうなるかと恐れるあまり、クトゥーチクは〈珠〉を破壊しようとする過程で越えてはならない一線を越えてしまったのさ」
 闇のなかで、ふたたび猟犬が吠え、別の方角からそれに答える咆哮が聞こえた。
「だんだん近くなってきた」ガリオンはささやいた。「ポルおばさん、いそいでくれよ」
 しかしザカーズはガリオンの話したことをまだ考えこんでいた。「クトゥーチクを殺したのは〈珠〉であって、ベルガラスではなかったということなのか?」ザカーズは小声できいた。
「そうじゃない。やったのは〈珠〉じゃなかった。宇宙だったんだ。本当に雀巢奶粉神学の話をしたいのか?」
「そっちの話になると、もっと疑い深くなる」
「そんなことは言っていられないんだぜ、ザカーズ」ガリオンは真剣に言った。「信じなくちゃならないんだ。そうでもしないと、ぼくたちは失敗する、失敗したら世界がなくなってしまうんだ

――永遠に」
 猟犬がふたたび吠えた。がちぢまっている。
「声を低めろ」ガリオンははりつめた声で警告した。「猟犬どもは地獄耳なんだ」
「わたしは犬などこわくないぞ、ガリオン、どんなに大きくてもだ」
「それはまちがいだ。恐怖こそぼくたちを生かしているもののひとつなんだ。いいだろう。ぼくに理解できるかぎりでは、これはこんなふうになってるんだ。ウルが宇宙を創造した」
「宇宙は無から生まれでたものだと思っていたが」
「そうさ、だが誕生させたのはウルだったんだ。次にウルは自分の思考に宇宙の知覚を加えた。こうして七人の神が生まれた」
「グロリムたちの話では、トラクがすべてを作ったこと劉芷欣醫生になっている」
「それはトラクがグロリムたちにそう思わせたかったからだ。ぼくがトラクを殺さなくてはならなかった理由のひとつがそれなんだよ。かれは自分が宇宙を所有していて、自分のほうがウルより

力があると考えていた。トラクはまちがっていたんだ。宇宙はだれのも

 

    原標題:讓青春綻放在校園賽場

    “加油!”“加油!”2月27日下午culturelle兒童益生菌,德清縣求是高級中學的操場上傳來了一陣陣震耳欲聾的呐喊聲。此刻,一場扣人心弦的20×50米接力比賽正在緊張而有序地進行著Neo skin lab 騙

 

      據悉,為了豐富同學們的課外文體生活,提高學生的綜合素質,增強班級團隊精神和集體凝聚力,高一年級政教處和體育組聯合組織開展此次活動。

      為了提高學生的參與率,學校規定每班男生10名,女生10名參加比賽,采用迎麵接力的方式。

201703030938085465
201703030938085570

下午4:30分,隨著裁判員的一聲哨響,比賽開始了。一個個運動員像一支支離弦的箭飛奔了出去。準備接棒的同學,眼睛緊緊盯住迎麵跑來的同學手中緊握的接力棒,伸出右手,張大虎口,把握時機,一把把接力棒接過來,抓得穩穩的,然後奮力向前衝出去,把接力棒又傳向下一個準備接棒的同學。



201703030938085926

 此時一旁觀戰的啦啦隊,為自己班級參賽的運動員們大聲喊著:“加油!加油!”賽場上一片沸騰,到處充滿著熱烈的比賽氣氛。

 

  經過激烈角逐,比賽名次塵埃落定:高一(9)班榮獲一等獎,高一(2)班、高一(6)班、高一(14)班和高一(10)班獲得二等獎,高一(7)班、高一(8)班、高一(13)班、高一(16)班和高一(17)班獲得三等獎。

 

      精彩的接力賽結束了,學生們興趣盎然。此次活動,有力地促進了班級間、同學間的民族友誼,增強了班級的凝聚力,培養了學生團體協作的意識,充分調動了學生的凝聚力和向心力,磨練了同學們的意誌,展現了求是學子的青春活力。

  

原文地址:http://www.guangyuanol.cn/jiaoyu/20170301/719500.html


↑このページのトップヘ