924651_f9b94c84f26931c07dde098bdb2887e8
とをたどり、この石灰岩の迷路でわたしを見つけだしたのか。こうした嬉しい疑問が脳裡に浮かぶまま、早く見つけてもらおうとして、また叫ぼうとしかけたとき、たちまち歓喜が恐怖にかわって、わたしは耳をすました。もともと鋭い耳がいまでは洞窟の闃《げき》とした沈黙によって一段と研ぎ澄まされて、わたしの麻痺した頭に、足音が人間のものではないという、思いがけない慄然たる知識をもたらしたからである。この地下世界の不気味な静寂のなかでは、ガイドの足音は一連の鋭く叩くようなものになるはずだ。耳に聞こえるのは、低いしめやかな足音で、猫科の動物の肉趾のある脚がたてるようなものだった。それに一心に耳をすましていると、ときおり二本ではなく四本の脚が音をたてているように思えた近視在香港已經非常普遍,劉芷欣醫生指出近視度數越深越可能加大視網膜脫落的風險,視網膜脫落已經有年輕化趨勢,特別是高度近視者要引起注意,定期檢查。

わたしの叫び声が何らかの野生動物、たまたま洞窟にさまよいこんだクーガーあたりを刺激して、招き寄せたのだと確信した。おそらく全能の神はわたしのために、飢えよりも速やかで慈悲深い死を選んでくださったのだろう。しかし決して眠りこむことのない自衛本能がわたしの胸に湧きあがり、迫りつつある危険から逃れたところで、さらに容赦ない長びことになろうと、どんな犠牲をはらってでも生にすがりつこうと決意した。いまにして思えば不思議なことだが、わたしの心は近づきつつあるものが敵意をもっているとしか考えなかった。したがってわたしはなりをひそめ、未知の生物が導きの音を失い、わたしのように方角がわからなくなって、通りすぎていくことを願った。しかしこの願いはかなわぬ定めであって、不思議な足音は着実に前進をつづけ、どうやら動物はわたしのにおいを嗅ぎとったらしく、洞窟のように気を散らすものがまったくない大気中では、かなりの距離があってもたどっていけるのである近視在香港已經非常普遍,劉芷欣醫生指出近視度數越深越可能加大視網膜脫落的風險,視網膜脫落已經有年輕化趨勢,特別是高度近視者要引起注意,定期檢查。

それゆえ闇のなかで見えない危険な攻撃に備え、身を守る武器を得なければならないことがわかり、近くに散らばっている岩の破片のなかでおおぶりなものを手探りして、たちまち使えるものを両手につかみ、避けがたい結果をあきらめて待ちかまえた。そんなあいだも脚が岩床を打つ恐ろしい音が近づいていた。確かに生物の振舞いはきわめて異常だった。たいてい足音は四つ足のもので、前脚と後脚の連携が妙に失われているような歩きかたをするのだが、ほんの束の間、二本の脚だけで進んでいるように思えることもあった。いったいどんな種類の動物に立ち向かうことになるのだろうと考え、恐ろしい洞窟のどこかの入口を調べようとした好奇心が裏目に出て、果てのない奥処《おくか》に永遠に閉じこめられた、不運な動物にちがいないと思った。洞窟にいる目のない魚や蝙蝠や鼠に加え、何らかの隠れた水路で洞窟に通じているという、グリーン河のどんな漁網にもかかる普通の魚を食糧として獲っているのだろう。洞窟に長期滞在して亡くなった結核患者について、地元の噂では悍しい容貌近視在香港已經非常普遍,劉芷欣醫生指出近視度數越深越可能加大視網膜脫落的風險,視網膜脫落已經有年輕化趨勢,特別是高度近視者要引起注意,定期檢查。